YouTube動画も配信中‼︎ Please check out the YouTube video!

【YouTube連動】韓国仁川の街歩き♪

 

仁川国際空港から空港鉄道(A’REX)とバスを乗り継いで、仁川駅まで1時間40分ほどかかってしまった。

前調べによると…

空港から307番バスに乗れば1本で仁川駅まで行けるけど、1時間30分くらいかかるから時間がかかりますよ。ってことだったから乗り継ぎを選択したのに。乗換の時間とかを考えると、結局同じくらい時間がかかるから、素直にバスで来るべきだったかなとちょっと後悔。。。旅先ではよくあることだけど。

もう16時だから、ひとまずホテルにチェックイン。

今日の予定は仁川駅周辺の散策だったけど、移動に少し疲れてしまったから駅裏のベイエリアに行くのは断念して、仁川中華街と松月洞童話村の散策をすることにした。

 

仁川駅前の横断歩道を渡ると、中華街の大きな門がお出迎え。門の色使いや奥に見える看板の漢字表記を見るとまさに中華街という感じ。

門の先を進むと、中華料理店の他にもカフェや雑貨屋さんなどがあっていろんな店が調和している。食べ歩きができるように店頭販売があるのは日本の中華街とも似ている。ただ、まだ時間が早いのか、店頭販売はまだ機能していない。土曜日だから人通りは結構いるんだけど、残念な感じかな。

でも、店先に行列を作っているレストランもあるから、食べ歩きよりもお目当ての料理があるのかもしれない。(仁川中華街はジャジャン麺発祥の地らしいから、ジャージャー麺の有名店に行列ができているようだった)

行列があるレストランの脇にある階段を上ると、中華街を見渡すことができる。この階段を上まで上ると公園内に展望台もあるらしい。けど、お腹が空いたので展望台まで行くことは諦めた。やっぱり空腹には勝てない(笑)

 

中華街に入ってきた門の方に戻って中華料理店に入る。

中華街を散策しながら、今日の夕食はどこのお店にしようかなっと思って店頭を見ていたら、A4サイズくらいの小さな紙にメニューを記載している店があった。値段も記載してあって良心的だ。中を覗き込むと店内はほぼ満席。行列ができているレストランよりも意外とこういうレストランの方が安くておいしいお店のことが多い(と思う)。

 

店内に入って早速、海老チャーハン(7,500W)と海鮮ちゃんぽん(8,000W)、ビール(4,000W)を注文。

「メクチュ(ビール)は、カス・ハイト・チンタオがあるけどどれがいい?」

一瞬、中華料理だけにチンタオビールを注文するべきかなとも思ったけど、カスを注文した。料理はすぐに出てきた。素早い提供もうれしい。

ジャジャン麺(韓国風ジャージャー麺)の餡のようなものが添えられた海老チャーハンを一口食べて驚いた。

「おいしい!!」

驚くほどおいしい。そして海鮮ちゃんぽんは辛すぎないし濃くなくて、海鮮の味がしっかりしていておいしい。

今日はもうこれだけで満足できる一日になった(笑)

 

店を出ると、ほとんど日が暮れていて、街並みが様変わりしている。街中がライトアップされて人通りが増している。聞こえてくる言葉は韓国語と中国語が少し。

韓国人の人気観光地であることは間違いないみたいだ。

このまま「松月洞童話村」まで散策を開始。おいしい料理をお腹いっぱい食べたから、ゆっくりと街を散策することができる(気がする)。通りには店頭販売が増えている。りんご飴のような果物に飴をコーティングしたものや小籠包、月餅のような大判焼きのようなお菓子が人気のようだ。

食べ歩きもするつもりだったのに、お腹が満たされているので買う気に慣れない。他の人が楽しそうに店頭に並んでいるのを横目にしながら歩くとすぐに(10分くらいかな)松月洞童話村の入口にたどり着いた。

松月洞童話村はかわいい店構えや壁画などがある韓国で人気のフォトジェニックなスポットらしい。それだけに、明るい時間に来ないといけなかったのに、すっかり中華街がメインになってしまった。暗くなって訪れるとその可愛らしさがわからない。今回は中華街だけで大満足なので、あまり残念ではないから不思議だけど、童話村の散策は次回に持ち越すことにした。

明日の登山に備えて、中華街の雰囲気を楽しみながら来た道を戻りホテルへ向かった。

 

仁川中華街の記事は↓↓↓

AROUND-FUKUOKA

1. About “Chinatown Incheon” Chinatown Incheon is said to be…

—————————————————

↓↓↓ 併せて動画のチェックもしてくださいね!

 

 

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP